Play Jam / Microballs (Microwave), 2016


One and a half hour performance
collaboration with Viviana Gulli


I had focused on small play accidentally occurred in daily life. It is because I could just enjoy the very moment or interaction when looking for play with someone even if the purpose of it is not recognized. Also I was interested in what such moment helped us communicate with environment around us.
Then we took a look at the qualitative change of communacation appeared as rules of play, and subsequently did a performance where we continued to make play improvisatorially by use of objects familiar to us.

 


プレイジャム/ミクロのボール(もしくは電子レンジ), 2016

 

90分のパフォーマンス
Viviana Gulliとの共同パフォーマンス

 

私は日常の中で突如として始まる些細な遊びに着目していた。そうした遊びは、遊びの目的が見えていない状況でも、その状況そのものやそれを探すやりとりが面白いからである。また、それは環境とのコミュニケーションを助けてくるという点でも興味があった。
私たちは、そのように遊びを探す際にルールとして表れるコミュニケーションの質的変化に着目し、身の回りのものを使って即興で遊びを作り続けるというパフォーマンスを行った。

 

 

 

 


Aug.16.2016 at Staatliche Akademie der Bildenden Künste Stuttgart

 

 

 

 

FirstFirstFirst

 

FirstFirstFirst