Play Jam / Microballs (Microwave), 2016


One and a half hour performance
collaboration with Viviana Gulli


I focused on small play accidentally occurred in daily life. What I thereby find interesting is that we can enjoy interaction itself even if the purpose of the play is not recognized. Such play might consist to communicate with things or environment like child play. And the same is true in my case, I have actually felt that we show signs of interesting moments each other while looking for new play with someone.
Then we gave an eye to qualitative change of communacation appeared as rules of play, and subsequently did a performance where we continued to make play improvisatorially by use of objects familiar to us.

 


プレイジャム/ミクロのボール(もしくは電子レンジ), 2016

 

90分のパフォーマンス
Viviana Gulliとの共同パフォーマンス

 

私は日常の中で突如として始まる些細な遊びに着目した。そうした遊びの面白いところは、遊びの目的が認識できない状況でも、それを探すやりとりそのものが遊びとなる点である。おそらくそれは、子どもの一人遊びのように、ものや環境とのコミュニケーションそのものを目的として存在している。また、私が誰かと遊びを探す場合も同様であり、私は互いが面白いと思う瞬間を表現し合っていることを実感していた。
私たちは、そのように遊びを探す際にルールとして表れるコミュニケーションの質的変化に着目し、身の回りのものを使って即興で遊びを作り続けるというパフォーマンスを行った。

1 2

 

 

 

 


Aug.16.2016 at Staatliche Akademie der Bildenden Künste Stuttgart

 

 

 

 

First  First  First 

 

First  First  First