Off limits vacancy , 2018


photography
each 46 x 62 mm

Mexico City

 

Movable stands of overcrowding are often seen on the streets of Mexico City. Most of them are built by use of standardized metal frames, and it seems that their standard gives order to the chaotic business environment. However, all sorts of architectural standards gather together in the city and I thus feel that interspatial spaces belonging to nowhere have significant presence as disharmony.

That is also a blank space where only irregular things that were generated by standardization freely can access to. And happenings or situations there embody a kind of a reasonable certainty generated due to locality, and this makes me think of what an authentic chaos that occurs by the consequence of standardizing is a comprehensive identity of the city.

 

 

立ち入り禁止の余地, 2018

 

写真
各 46 x 62 mm

メキシコ

 

メキシコの路上には移動式の小さな売店がひしめいて立ち並んでいる。それらは定型の金属フレームを用いて組み上げられ、その規格によって路上の混沌とした商売環境の秩序は保たれているように見える。しかし街中では、そうした様々な建築上の規格が混在するため、街という一つの集合体にとっての不調和、つまり属性を持たない隙間的な空間が強調されて感じられる。

そこは、言い換えれば標準化されない事物だけが自由に流動できる余白である。そこでの出来事や状態は、地域性から導き出される妥当な必然性のようなものを示し、標準化のしわ寄せによって生じた本当の混沌こそ街を包括する「らしさ」であることを認識させる。