Musical Chairs, 2018


video 7'48"
Mexico City

 

Professional wrestling can be regarded as an entertainment rather than as a sport due to the open secret that the match is theatrically performed. It also could refer to the act that wrestlers safely perform the violence while cooperating with each other. As a result of that, it can be seen that the theatrical violence is a productive act from a point of view of giving a priority to showmanship based on the relationship of trust among wrestlers. On the other hand, the violation of the open secret, which is essential to make the matches more exited, would not occur without their relationship that is specially built in such a way.

For me, the violence act in/at the matches looked as if it absorbs or sublimes unmoral acts by embodying them as a necessary evil. It was because the background, in which it had developed into a pop culture phenomenon, overlapped with the Mexican revolution or intensification of armed conflicts during the year 1960-80, I found a relation between Mexican social situation and people who were fanatical about it. Then I focused on changing how they face with the theatrical violence, and developed that into an appropriate activity for this era.


 

椅子取りゲーム, 2018

 

7分48秒
メキシコシティ

 

プロレスはスポーツというよりもエンターテイメントであるという見方がされることがある。それは興行が演出に基づいているという“周知の秘密”によるためである。また、その秘密は、レスラー達が協力し、危険なパフォーマンスを安全に演出することにも言及しているだろう。そのため、暴力を演じるということは、レスラー同士の信頼関係に基づいてショーマンシップが優先される点から、その見た目に反して倫理的な行為という見方もできる。試合をさらに盛り上げるために不可欠となるその秘密の裏切り行為も、そのようにして築かれる特別な彼らの関係の上でこそ成立するだろう。

私にとって、そこでの暴力は非倫理的な行為を必要悪として、それの体現によって消化ないし昇華するかのように思える。ルチャ・リブレ(メキシコのプロレス)がポップカルチャーへと発展した時代背景は、メキシコ革命や人民と政府の武装闘争の激化が重なり、ルチャ・リブレに熱狂する人々の感情と社会状況に関係性を見出したからである。そうして私は、暴力の求められ方の変化に着目し、文化として残された“暴力の必要悪”をこの時代に即す形で発展させることを試みた。

1 2 3 4

 

 

 

 

video 7'48''