中野 岳

 

ABOUT GAKU

WORKS

DESK

 

 

CONTACT
info[at]gakunakano.com

 


Keeping calm


Project
2015

I got an idea of making a monument for the construction site of Stuttgart 21. This project has been going on for over twenty years, started again in 2010 and it is said that it will be slated for completion in 2022. I had passed in front of the construction site to take trains almost every day for two years, meanwhile was interested in the very thing of the view there, subsequently came into attunement with the protest against the development project. However its demo against that or the construction site was just exciting things for me because I had no doubt whatsoever that I don not live there in the future, stand on the outside looking in problems of that. But at some point, I noticed that accelerated construction surely would lead to marked loss of the current view that represented a lot of effort of the demonstrators. Therefore I tried to store the situation by making a monument, so that it can remind them of this history some day in order to be able to keep my neutral position into the future.

 
落ち着きを保つ, 2015

 ドイツの町シュテュットガルドでは、現在新しい中央駅の地下建設(Stuttgart 21)が進められている。その建設は着工から20年以上経った今なお続いており、大多数の反対によって一時中断していた工事は2010年に再開し、2022年頃に完成が予定されている。  
 私は家から中央駅へ向かう際にその工事現場の前を通っていたため、まず工事現場そのものに興味を持ち、それから建設反対運動に共感するようになった。しかし私はこの町に住み続けないと確信していたことから、工事現場に見とれたり、毎週行われる「月曜デモ」を傍観者として楽しむことができた。 それでもある日を境に急加速した工事よって、私はこの工事に対する立場の決定を迫られた気になり、第三者の中立的な立場から建設反対運動に関わることを決意した。そうして私は工事現場のモニュメント制作を皮切りに、それまでに至る彼らの反抗の軌跡を残す方法を模索した。