Slide 1
Slide 2
Slide 3
Slide 4
Slide 5
Slide 6
Slide 7
Slide 8
Slide 9
Thumbnail 1 Thumbnail 2 Thumbnail 3 Thumbnail 4 Thumbnail 5 Thumbnail 6 Thumbnail 7 Thumbnail 8 Thumbnail 9

棒馬棒
Stick Horse Stick

 

 

「ホビーホース」(西欧に古くからある、木の棒に馬の頭の装飾をつけた玩具)を体験した際に、幼少期の回想に始まり、人と馬の関係を振り返った。それは騎手と馬を同時に演じるごっこ遊びの道具だが、人と馬の関係が昔とは異なる現代において、日常の不自由や不足を内省させる器具のようでもあった。その体験を経て、ホビーホースが玩具を超えた何かのための器具や活動へと発展しそうな予感を抱いた。
フィンランドでは十年ほど前から十代の若者等が社会での居場所を作るべくホビーホースを競技として組織し、他方では学校教育にも導入されている。自身の経験やそうした役割を踏まえた上で、人と馬の関係を不変的なものと捉え、人馬一体を目指す活動の今後を、制作した器具で実践しながら探った。

 

 

When I experienced Hobbyhorse(wiki) for the first time, I looked back on my childhood and then over my playful mind or the relationship between horse and human. This experience made me become interested in how hobbyhorse could be develop in the future.
In Finland teenagers have enjoyed the hobbyhorse competition for a decade. Also the activity has been viewed in an educational perspective. My attempt was to practically verify the process where such social roles or the meaning of replacing horse with objects could furthermore change.

 

 

 

[1]-[5] «棒馬棒»14分56秒, [6]-[9] «オフセット・ディスプレイ»7分32秒
2022

 

[1]-[5] «Stick Horse Stick» 14'56", [6]-[9] «Offset Display» 7'32"
2022

 

 

 

 

 

 

 

© 2011- Gaku Nakano